トップページ環境への取り組みと環境対応製品

大東通信機株式会社の歴史
昭和 23 東京都品川区小山に大東通信機株式会社設立。
昭和 24 C形搬送用警報ヒューズの生産開始。
昭和 27 東京都目黒区下目黒に本社および工場を移転。
昭和 29 日本電信電話公社荻窪工作工場の指定生産業者となる。
昭和 33 P3・P4形警報用ヒューズの生産開始。

昭和

37

本社工場を新築。

昭和

38

携帯型出合試験器の生産開始。

昭和

41

品川工場を新設、資本金3,000万円に増資。

身体障害者用雇用優良事業者として労働大臣賞を受賞。

昭和

46

MPヒューズの生産開始。

昭和

49

本社新社屋竣工、資本金7,300万円に増資。

昭和 50 携帯型出合試験器の改良型、電子錠およびSMPヒューズの生産開始。
昭和 51 UPヒューズの生産開始。

昭和

52

P、PL4、SP4ヒューズはUL規格品として認定。

昭和

56

光伝送用ファイバーコードストリッパの生産開始。

昭和

59

チップ形ヒューズ自動生産開始。

昭和

60

テストホンおよびカード式電子錠の生産開始。

昭和

61

筑波工場竣工・稼動。

昭和

62

GPヒューズ、遠隔操作入出管理システムの生産開始。

昭和

63

miniLCTS、ST02ヒューズの生産開始。資本金9,500万円に増資。


平成

SL−14K形Bデジタル終端装置(筐体)、専用回線切替ツールの生産開始。

平成

小形チップヒューズの自動生産開始。チェッカマンの生産開始。

平成

VM、 SVMヒューズ生産開始。

平成

遠隔ビル管理システム、アラームインターフェース装置、LCTS用遠隔モニタアダプタ生産開始。

平成

KEヒューズの生産開始。

専用端末区間切替装置の生産開始。

平成

非常電話回線切替装置の生産開始。

SLMヒューズ(タイムラグテーピング)の生産開始。

平成

大阪出張所開設。

ISO9001取得

平成

10

BDヒューズの生産開始。

トータルセキュリティシステム開発、販売開始。

平成 11 NQAS(NTT資材調達品質管理方式)適用登録。
ポリセーフティ・KMC・KMD販売開始。
BL・SBLヒューズ生産開始。
一斉放送通話システム生産開始。
筑波工場を分社化し、株式会社つくば大東テクノを設立。

平成

12

ビジネス開発部を分社化し、株式会社大東クリエートを設立。

西日本の販売強化のために大阪出張所を大阪営業所に改める。

平成

13

BL・SBLヒューズVDE・SEMKO安全規格取得。

DCPヒューズ・SBMヒューズ生産開始。

ISO14001取得。

平成

14

ゲートパーフェクトシリーズの開発。

海外事業の拠点として大東通訊(香港)有限公司設立。

平成

15

ST02Cの生産開始。

モバイルリモートターミナルの開発。

ガラス管ヒューズ販売のため大東長沢株式会社を設立。

平成

16

SBEヒューズ生産開始。

大東製品廠(深セン)を設立

平成

18

KMJヒューズ販売開始。

BDHヒューズ生産開始。

平成 19 DC対応管型ヒューズ各種販売開始。
平成 20 FZユニット生産開始。
平成 22 株式会社つくば大東テクノを合併。


・お問合せはこちらへお願いします。
Copyright (c) Daito Communication Apparatus Co., Ltd.