トップページ

ビル一斉放送システム
     
 

 本システムは監視センターから電話回線を通じて、被監視ビル内の館内放送を行い、呼び出された者とインターホンにより直接通話を可能にするもので、電話機が20台、スピーカが40台までの小局用システムとそれ以上の電話機、スピーカが設置出来る中・大局用システムがあります。

 一般の電話では、ビルA(監視センター)にいる人がビルBにいる人と緊急に連絡を取りたい場合、ビルBにいることは分かっているものの、ビルBのどこにいるのか分からない場合は、電話に応答してくれた方にお願いして探してもらうしかありません。

 しかし、ビルBが広く探し出すのが困難である場合には緊急時に対応できない可能性があります。そこで、本システムを使用すれば、ビルAの電話から直接ビルB(被監視ビル)に対して館内放送をすることができ、迅速に呼出したい相手と連絡をとることが可能となります。

 このように、本システムは集中管理しているビル(監視センター)から被監視ビルにいる相手と迅速な連絡が可能とするために開発されたシステムです。また、本システムは設置されたインターホンどうしで話をすることも可能です。

 
小局用システム

カタログ - PDF(2.28MB)

中・大局用システム

カタログ - PDF(247KB)

     

・お問合せはこちらへお願いします。
Copyright (c) Daito Communication Apparatus Co., Ltd.