トップページ

充電用テストランプ
     
 

IBS工事でコンデンサの充電が安全に行えます。

  • 当該のUPヒューズホルダに差し込むとコンデンサを充電し、LEDが明灯→減灯→消灯(充電完了)します。
  • 充電時間 約1分(コンデンサが6800μF×4個の場合)
  • 従来、充電は架裏で2YCランプなどを使用してますが架表面のヒューズホルダで安全に実施できます。
  • LEDタイプ 振動に強く断線しないので扱いやすい。
  • P号ヒューズタイプも用意してます。
 
     

・お問合せはこちらへお願いします。
Copyright (c) Daito Communication Apparatus Co., Ltd.