トップページ

ニューロンゲート(R)

知的分散制御ネットワーク技術であるLONWORKSを用いたセキュリティシステムです。カードリーダコントローラ(CRC:制御盤)とカードリーダユニット(CRU:入力装置)で構成され、管理用システムソフトとシステム構成することで、各部屋の状態や入出者の状態を集中管理することができます。

  • 認証データ登録・変更機能
    必要な個人コードの入力・変更・削除が画面を見ながら確実に行えます。

  • 扉(ゲート)管理機能
    名称登録、認証方式(カード・暗証入力など)画面から簡単に行えます。

  • 履歴データ管理機能
    蓄積された履歴データから必要な情報を検索することが簡単に行えます。

  • 在室管理機能
    今の在室者情報が素早く確認できます。

  • 表示・監視機能
    全ての扉(ゲート)の入退室情報、異常情報をリアルタイムに表示されます。

  • システム設定機能
    カレンダー機能による休日やシステム全般の設定を画面を確認しながら行えます。

  • 制御機能
    接続されている全ての扉(ゲート)の遠隔制御が行えます。

  • 警備システム連動機能
    警備システムに対し、各フロア別の警報を出力します。

  • HMI対応(オプション)
    グラフィカル画面で各種情報がより一層の認識が可能です。


端末装置 - PDF(78KB)


管理用システムソフト -
PDF(82KB)

表示形態
表形式表示(標準)
グラフィックによるフロア表示(オプション)
登録設定
ビル名、扉(ゲート)関連、個人・所属、
通行許可、運用スケジュールなど
登録件数
扉(ゲート)
最大 250扉
個人データ
最大 10,000件
所属データ
最大 300件
履歴表示
室開始終了、入退室、警報情報など
センタ

PC
または
サーバ
CPU
Pentium 1GHz以上
RAM
512MB以上
HDD
空き容量1GB以上(ログ用含む)
OS
Windows 2000 Professional SP3以上
解像度
XGA(1024×768ドット)以上

  ※システムの構成によって、別途データベース(SQL Server 2000)・SCADAソフト(FactorySuite InTouch 7.0)等の
    アプリケーションのライセンス(またはクレジット)や、LONWORKS製品(ハードウェア:iLon1000、LonPointなど/
    ソフトウェア:LonMaker for Windowsなど)が必要になります。詳細はお問い合わせください。


・お問合せはこちらへお願いします。
Copyright (c) Daito Communication Apparatus Co., Ltd.