トップページ環境への取り組みと環境対応製品

警報用ヒューズの基礎
  1.警報用ヒューズの基本構造 

 警報用ヒューズ基本構造を下図に示します。
 ヒューズが溶断するとスプリングが展開し、ヒューズ内部又はホルダに設けた警報接点をメイクします。接点を利用することで、ブザー、ランプのオン、サイリスタ、リレーの駆動など、電気・信号によるシステムの制御ができます。
 また、展開したスプリングが表示口から確認できるため、目視による溶断したヒューズの個別識別が可能です。
 
     
■ヒューズ内部に警報接点を設けたタイプ
■ホルダに警報接点を設けたタイプ
     
  2.警報用ヒューズの結線方法 

 警報接点を使用する場合の標準的な結線方法を下図に示します。
 主回路と警報回路の両方とも接地する場合は、下図の結線方法を遵守して下さい。
 
   
 
以上
 
 

・お問合せはこちらへお願いします。
Copyright (c) Daito Communication Apparatus Co., Ltd.