トップページ環境への取り組みと環境対応製品

DC高電圧用ヒューズのアプリケーション例
     
  1.背景

 近年、テレビ、エアコンなどの電子機器にスイッチング電源が用いられるようになり、ほとんどの電源には、コンデンサインプット型と呼ばれる整流回路を持っています。この整流回路は、商用電源の入力電圧波形に対して、入力電流がパルス状の波形(図1)となり、入力電流の波形は、基本周波数よりも高い周波数成分を含むことになります。高調波電流は、自身の機器に悪影響を及ぼすだけでなく、系統の電圧波形が歪むことによって他の機器にも悪影響が生じています。
 高調波電流は、欧州においてはEMC指令による規制が、日本では「家電・汎用品高調波抑制ガイドライン」に基づく自主規制が行なわれており、歪みの少ない電圧、電流を安定に供給する為にも高調波電流の抑制が求められています。


    図1 コンデンサインプット型 入力電流波形

 このような問題に対応する為に、アクティブフィルタと呼ばれる高調波電流抑制・力率改善回路を搭載した電源システムが多くなっており、アクティブフィルタでは、商用入力電圧をDC360V以上の電圧に昇圧します。
 当社のDC高電圧用ヒューズ(DCPヒューズBDHヒューズ)はこのような電源システムの保護に適しています。

 当社DC高電圧用ヒューズの詳細は こちら
 
     
  2.アプリケーション例

 
アプリケーション例を図2に示します。
 
     
   
 
図2 アプリケーション例
 
 
以上
 

・お問合せはこちらへお願いします。
Copyright (c) Daito Communication Apparatus Co., Ltd.